Code for Shiga / Biwako

「シビックハック」でつながる、地域とクリエイティブ。
Browsing category: 未分類
0 comments

平成28年度、大津祭での取り組み

大津市が推進する「アーバンデータチャレンジ2016 in 大津」の取り組みの一部として、Code for Shiga / Biwakoでは大津市ならびに関係して下さったみなさんとともに以下を大津祭当日(10月9日)実施します。

1.大津祭曳山ストーリーテラーのリニューアル公開

otsumatsuriapp

アーバンデータチャレンジ2015のアプリ部門で銀賞を受賞した「大津祭曳山ストーリーテラー」をリニューアルしました。
昨年と同じく13基の曳山にビーコンを取り付け、曳山の案内をするほか以下の機能を追加しました。
1)英語表記対応(一部)
2)20カ所の所望場所(からくりを披露する場所)へビーコン取り付け
3)曳山の音声ガイド
4)スタンプラリー
5)GPSによる曳山位置情報リアルタイム配信
※所望場所は25カ所ですが、そのうち20カ所にビーコンを取り付けます。

※参考リンク:大津祭を楽しむアプリ「大津祭曳山ストーリーテラー」 大津市公式webサイト

※参考記事:「「大津祭」をアプリで楽しむ 「英語対応」や「所望場所の案内」など機能充実も」 びわ湖大津経済新聞より

appstore  googleplay

2.大津まちぶらナビのAndroidバージョン公開

1

iOS限定で提供してきた「大津まちぶらナビ」のAndroidバージョンを公開しました。
すでに終了しましたが、10月1日に行われた大津バルでは、参加店舗の案内を行いました。

appstore  googleplay

3.二つのアプリの連携

「大津祭曳山ストーリーテラー」と「大津まちぶらナビ」を連携させることで、町内で検知された曳山の「名前」「場所」「時間」を大津まちぶらナビにつぶやくようにしました。
hikiyama

詳しくはこちらをご覧下さい。

4.大津祭曳山ストーリーテラースタンプラリーの実施

13基の曳山と20カ所の所望場所に設置されたビーコンを検知するとスタンプが溜まります。
そのスタンプを集めて交換所へ持ってきていただくと、大津祭曳山ストーリーテラーのオリジナルデコチョコをプレゼントします。

decocho

詳しくはこちらをご覧下さい。

5.GPSを曳山付近に取り付け、位置情報をリアルタイム発信

imakoko
先頭の曳山付近にGPSを取り付け、「大津祭曳山いまここマップ」で位置情報をリアルタイムに配信します。
位置情報は大津祭曳山ストーリーテラー、及び以下のURLから参照していただけます。
また、大津駅改札内に設置した当日限定の液晶テレビでもご覧いただけます。

6.ミニ曳山走行会と子ども向けプログラミング体験

minihikiyama
8月に実施した「お祭りHack」で子ども達が作成したミニ曳山を走行させ、プログラミングなども体験してもらえます。
協力:PCN大阪、共立電子産業、CoderDojo大津

参考リンク:アーバンデータチャレンジ2016『お祭りHack in 大津』について 大津市公式webサイト

0 comments

お祭りHack in 大津 の開催について

udc2016

昨年(2015年)に続き今年もアーバンデータチャレンジ(UDC)の開催都市になった大津市では、関連イベントとして「お祭りHack in 大津」が開催されます。
※Code for Shiga / Biwako は今年もこのイベントを共催しています。昨年の様子はこちら
※昨年このイベントから生まれたアプリ「大津曳山ストーリーテラー」がアーバンデータチャレンジアプリ部門で銀賞に輝きました。

■お祭りHack in 大津~宵宮~ 7月30日(土)開催
大津市のオープンデータをはじめとする各種データと、ビーコン・GPS発信機・各種センサーを組合わせてお祭りを楽しむアイデアを考えるイベントです。
テーマ毎にチームに分かれ、お祭りを楽しむためにこんなデータがあったらいいな。あんなアプリがあったらいいな。あなたの「あったらいいな」を具体的にしていきます。

■お祭りHack in 大津~本祭~ 8月7日(日)開催
『お祭りHack in 大津~本祭~』は、『お祭りHack in 大津~宵宮~』で提案されたアイデアを具体的にかたちにするイベントです。
アプリなどの各種サービスとしてイベント内で作りこみします。
イベント当日に完成しなかったサービスは、大津祭に向けて有志により実現に向けた取り組みにつなげて行く予定です。

今年も大津祭曳山関係者のみなさまのご協力により、昨年利用したビーコン(Aplix MB004 Ac)を13基の曳山全てに搭載できる見込みです。さらに、今年から新たにGPS発信器を1基取り付けられる見込みです。
ビーコンについてはCode for Shiga / Biwakoで昨年10基購入したほか、株式会社ナユタの協力により、13基の曳山以外にもビーコンを利用出来る予定です。
※IoT関係では各種センサーを通じたクラウド上へのリアルタイム情報配信計画もあり、現在関係先と調整を進めています。(実現しない可能性もあります。)

その他、サイネージの活用やデータビジュアライゼーションをテーマにしたチーム、昨年作成された二つのアプリをバージョンアップするチームも編成される予定ですので、関心のあるテーマでいろいろとチャレンジしていただけます。

12 (2)

今年は同時開催イベントとして、こどもパソコン「IchigoJam」と電子工作キット「2WDモーター車両ベース」を使って「ミニ曳山」をつくる子ども向けプログラムも実施します。
このプログラムはPCN大阪の協力により実施します。
※こどもパソコン「IchigoJam」はPCNよりご協賛いただきます。
※電子工作キット「2WDモーター車両ベース」は共立電子産業よりご協賛いただきます。

最近、子ども向けのプログラミング教室などに注目が集まっていますが、「IchigoJam」と「2WDモーター車両ベース」で自分だけのミニ曳山やミニからくりを作って、プログラミング(BASIC)楽しめるという贅沢な企画です!

20160716_1 20160716_2
PCN様ご協賛
共立電子産業様ご協賛

完成したミニ曳山は大津祭当日、走行コンテストができれば面白いなと計画中です。(実現しない可能性もあります。)

7月28日まで参加者募集中です。詳しい事はイベントページをご覧下さい。

0221_eyecatch
0 comments

2月21日(土)湖畔の劇場「びわ湖ホール」で、
滋賀のイベントを便利にする開発ワークショップを開催します

滋賀でこの春行われる大規模イベントの各種情報を 「オープンデータ」として公開、このデータを自由に活用し、開発者自身のサービスとして公開できる開発イベントを、なんと湖畔の劇場「びわ湖ホール」の中で開催します。
当日は、初心者から上級者まで、3つのプログラムを用意。あなたのスキルに応じた参加が可能です。
2月21日(土)、びわ湖ホールに集まって、あなたの腕やアイデアで、滋賀を仕掛けてみませんか。

日時:
2015年2月21日(土)11:00〜17:00
会場:
びわ湖ホール リハーサル室
滋賀県大津市打出浜15-1 ※JR大津駅から徒歩20分、JR膳所駅から徒歩約15分、京阪石場駅から徒歩約3分)
参加費:
無料(要事前申込)
予定:
11:00  オリエンテーション
12:00  ランチ(チームごとのアイスブレーキング)
13:00  チームごとのワークショップ
16:00  成果発表
17:00  終了
※遅れてのご参加になる場合、事前にご一報ください。
申込方法:
下記 Facebook のイベントページにて「参加」をクリックしていただくか、メール(codeforshiga[at]gmail.com ※[at]はアットマークに直してください)にて、件名を【2月21日参加希望】とし「氏名」「メールアドレス」「電話番号」を記載の上お送りください。
https://www.facebook.com/events/424056804416155/

滋賀でこの春行われる2つの大規模イベントを
より便利にするサービスを、
オープンデータでつくってみよう

このイベントは、5月にびわ湖ホールほかで開催される「ラ・フォル・ジュルネ びわ湖2015」、そして5月末から守山市内で開催される「守山ほたるパーク&ウォーク」の両イベントを便利に楽しめるサービスを、クリエイターと市民が一緒になって開発するワークショップイベントです。

今回の開発イベントは、両イベントの情報を「オープンデータ」として公開することで実現するものです(各種プログラムの詳細情報などをCC-BY 4.0 ライセンスのもと、JSON-LD形式で提供します)。原作者から都度許諾を取る必要なく、自由にプログラムとしてそのデータを呼び出せることから、クリエイターは簡単にそのデータを活用して便利なサービスを生み出すことができるようになります。

そして、つくったサービスはあなたのもの。有料販売や広告収入も自由。

そしてもちろん、実際につくったサービスはあなたのもの。広告収入を得てもよし、有料販売してもよし、あなた自身が提供するサービスとして、自由に育てていくことができます。

参加者のスキルに応じた
3つのワークショップを実施

オープンデータの活用をどなたでも楽しんでいただけるよう、参加者のスキルに応じたワークショップをご用意しています。参加はチームでも個人でもOK、自分にあったプログラムにご参加ください!

初心者向けプログラム:Idea Hack

特定のテーマに対して「こういうサービスが生まれるといい」というアイデア出しを行い、「そのサービスにはどのようなデータが必要なのか、誰にそのデータの公開をお願いしなければいけないのか」を洗い出すワークショップを行います。

中級者向けプログラム:Beginner’s Dev Camp

オープンデータを活用したウェブアプリの開発方法を、コーチを招いて学びます。3分クッキング的要領で用意していますので、パソコンを普段使っている方なら誰でもサービスの公開を体験していただくことができます。

上級者向けプログラム:Creative Hack

実際に開発技術を持った方々が集まるワークショップです。ウェブサイトやスマートフォンに限らず、ウェアラブル端末、IoTデバイスなど自由に駆使してオッケー。当日参加者らとディスカッションをしながらサービスの公開を目指します。

イベントの申込方法、お問合せ

下記 Facebook のイベントページにて「参加」をクリックしていただくか、メール(codeforshiga[at]gmail.com ※[at]はアットマークに直してください)にて、件名を【2月21日参加希望】とし「氏名」「メールアドレス」「電話番号」を記載の上お送りください。
https://www.facebook.com/events/424056804416155/