Code for Shiga / Biwako

「シビックハック」でつながる、地域とクリエイティブ。

ブログ

0 comments

大津祭でビーコンとスマホアプリの実証実験を行う

icon10月11日の本祭りで「大津祭曳山ストーリーテラー」を開発に関わってくれたエンジニアのみなさんと一緒に試してきました。
大津祭で町内を巡行する13基の曳山全てにビーコンを搭載していただき、それぞれ正しく検知するかドキドキでしたが、期待以上の結果になったと思います。

20151013画面に表示される曳山までの距離は、ビーコンの方向や周囲の状況、利用されているスマホや取り付けてあるカバー、さらに曳山ごとに環境が異なるため「正確」と言える数字ではなかったですが、自分に近い曳山がどれなのかは正確に案内してくれました。

今回、アプリ公開後から大津祭当日までわずか三日間しかなく、周知時間がほとんどありませんでした。
それでも、大津市さんや曳山連盟さんの公式サイトで案内され、京都新聞さんにはカラー紙面で大きく取り上げていただきました。
また、当日市役所の職員さんと手分けしてスマホを手にしている人に電撃でチラシを配った成果もあって、ダウンロード数は400近くになりました。

本業だけでも大変な中、シルバーウィークも開発に打ち込み、それでも足らず業務時間外は寝る間も削ってアプリを開発してくれたチームのみなさんありがとうございました。

0 comments

「大津祭」を楽しむアプリが公開されました

「アーバンデータチャレンジ2015 in Otsu(UDC in Otsu)」で取り組んだアイディアソン、ハッカソンを通じて「大津祭」当日に使っていただけるアプリ
「大津祭曳山ストーリーテラー」が公開されました。
これは両イベントに参加したエンジニア・田重田勝一郎さんとその仲間のみなさんが「UDC in Otsu」で公開されたデータを活用し、有志で開発したものです。

icon

アプリの機能

このアプリはスマートフォンを持っている人に近づいてくる曳山を感知し、その曳山の詳しい情報を案内してくれます。
大津祭では13基の曳山が町内を巡行しますが、曳山そのものには案内看板などもなく、一般の人は目の前の曳山の名前や謂われなどすぐに知ることは出来ません。これをスマートフォンで案内する試みです。
※画面は開発時のサンプルです。実際とは異なる場合があります。

guide

13基の曳山にビーコンを搭載

スマートフォンで曳山を検知するため、大津祭曳山関係者のみなさまのご協力をいただき、ビーコンを13基全ての曳山に搭載しました。
機器提供・技術協力:株式会社ナユタNPO法人コミュニティリンク

ダウンロード方法

下のバナーからダウンロード出来ます。ご利用のスマートフォンを確認の上、ダウンロードしてください。

appstore   googleplay

ご利用上の注意点

beaconアプリを起動すると左のような画面が表示され、許可を求めてきます。このアプリでは位置情報を利用しません(GPSは[off]でOK)が、ビーコンの電波を受信するためこちらは許可して下さい。
※GPSは常に許可する設定でお願いします。

また、ビーコンとスマートフォンのやりとりにはBluetoothを利用しますので「on」にしてご利用下さい。
※通常は「on」になっているスマホが多いです。

お断り

今回お届けしているアプリケーションは有志による開発であり、実証実験的にお届けしています。また、利用しているビーコンは周辺電波の影響を受ける可能性もあります。そのため、曳山を正しく検知出来ない、あるいは誤った情報を通知してしまう場合もあるかもわかりませんが、どうかご了承ください。
曳山にビーコンが搭載されるのは10月11日の本祭りとなります。 ※アプリはダウンロード後、いつでもご利用いただけます。

関連リンク

0 comments

大津まちぶらナビ

滋賀県大津市のまちなか情報と、つぶやき情報が確認できるアプリが登場!

「大津まちぶらナビ」は、大津商工会議所が大津市の活性化に取り組む中から生まれたものです。大津市まちなかの店舗・観光情報を確認しながら、ぶらぶら歩いて、それぞれが感じた街の雰囲気や様子をみんなで共有することで、大津の魅力に出会うことができるアプリです。イベントなどのプッシュ通知機能や、まちづくり大津が公開している大津市中心市街地の店舗や社寺・史跡のオープンデータを日々取り込んでいますので、新しいお店などもどんどん更新されていきます。

1

App Store からダウンロード
1【スプラッシュ画面】
アプリの起動とどもに表示される画面です。
この画面を表示している間に最新のオープンデータを取得します。


3【GPS機能による地図モードナビゲーション】
GPSの位置情報に基づき、周辺の店舗・観光情報が地図上に表示されます。つぶやき情報は「タグ検索」「フリーワード検索」「当日と全て」で絞り込むことが出来ます。

【つぶやきの投稿】
1.ニックネームを設定する。
2.タグを選択する。
3.つぶやきを投稿する。


4【店舗等の情報】
大津市中心市街地の店舗や社寺・史跡のオープンデータから、営業時間や連絡先、写真などを参照でき、お店選びに役立ちます。

詳しいご利用方法はアプリのヘルプページをご覧下さい。