Code for Shiga / Biwako

「シビックハック」でつながる、地域とクリエイティブ。

ブログ

0 comments

防災サイトはなぜ災害時によく“落ちる”のか?
ネットワークインフラから防災を考える勉強会を開催します

先般の「びわ湖大花火大会」開催時におけるイベント公式サイトや、台風19号上陸時における県の防災サイト「土木防災情報システム」で、アクセス集中により閲覧できない事象がありました。

この種のトラブルは滋賀に限ったことではなく、例年どこかで発生しているのが現状です。またその一方で、最近では市民からの防災情報発信に対するニーズや、防災情報のオープンデータ化に対する声も多く出てきており、市民レベルで課題認識のところから共有する必要があると考えました。

そこで、特にイベントや防災等で生じる公共情報への集中アクセスをテーマにして、何が問題で、どのような対策を講じたらよいのか、ネットワークインフラに関する様々な専門家から各々の見地でご提案をしていただきながら、公共情報発信におけるインフラ面での留意点を共有します。

技術的な知識のない方でも楽しくイメージを掴んでいただける内容になります。また、ネットワークインフラの専門家が滋賀に会するイベントはなかなかないため、技術者の方も有意義な意見交換をしていただける機会となります。下記の要領で実施しますので、ぜひご参加ください。

日時:
2014年12月5日(金)18:30〜21:30
場所:
A-RADIO(滋賀県大津市京町1-3-44 かんきビル1階 ※JR大津駅から徒歩5分)
登壇者:
吉田昌孝 氏(ICT.3756) http://www.3756.jp/
澤崎丞 氏(株式会社シーディーネットワークス・ジャパン) http://www.cdnetworks.co.jp/
宮内隆行 氏(株式会社デジタルキューブ) https://www.digitalcube.jp/service/our-solutions/
小原弘己 氏(株式会社ケイ・オプティコム) http://www.k-opti.com/
など
参加費:
500円
予定:
18:30 ネットワークインフラに関する基礎知識の共有
18:50  最近発生した、公共情報への集中アクセス等によるトラブル事案の共有
19:00  セキュリティ、CDN、クラウドなど、様々な観点からできることの共有
20:00  一般向け質疑応答
20:30  技術者向け質疑応答
申込方法:
下記 Facebook のイベントページにて「参加」をクリックしていただくか、メール(codeforshiga[at]gmail.com ※[at]はアットマークに直してください)にて氏名・連絡先を記載の上お送りください。

https://www.facebook.com/events/390100874479107/